カテゴリー別アーカイブ: 勃起不全

勃起不全(ED)の原因や喫煙に関する説明

勃起不全の原因は喫煙が関係しています

勃起不全(ED)は男性の性的な機能が低下する症状で、性交渉時に問題を生じさせる危険性があります。
この症状を引き起こす原因の1つして喫煙の影響が考えられています。
タバコにより与えられる害としては、身体的な機能の低下と治療の阻害があります。
身体的な機能の低下としては、タバコに含まれている成分により陰茎の血管を収縮させてしまう影響があります。
これ以外にも別の病気や身体機能の異常がある場合は、それの影響の可能性もありますが、タバコにはそうした害を引き起こす影響があるということを理解しておく必要があります。
治療の阻害としては、喫煙の血管収縮作用により、勃起不全の治療薬の目的である陰茎の血管を拡張させて血流を良くする効果を減退させることがあります。
対策としては、喫煙をしている事実を治療を担当している医師に伝えた上で話し合いを持ち、治療の方針を決めることです。
できるだけタバコを吸う本数を減らすか、辞めた方が好ましい結果が得られやすいです。

大きく勃起しない原因

勃起不全(ED)の理由は男性ホルモンの分泌量が少ないことも要因の一つですが、その他にも海綿体細胞の膨張率が悪いということも挙げられます。この海綿体細胞というのは血液の量によって大きさが変わり、膨張することで大きく勃起させます。勃起不全の人のほとんどが膨張率の悪さに大きくなりません。なぜ悪くなるのかというと、血流の悪さにつながっていますので、勃起をした時の血流を良くすることができれば、勃起をした時にきちんとした大きさになります。勃起というのは非常にデリケートな悩みで誰にも言えずに困っている人はたくさんいます。特に好きな相手と行為をしても、悩みを抱えた状態だとさらに勃起した時の大きさが悪くなってしまいます。事情を知らない相手からは自分のことを好きじゃないのではないかと無駄な気遣いをさせてしまいますので、できる限り改善するように心がける必要があります。生活習慣の見直しとできる限り睡眠時間を増やすことが効果的です。