月別アーカイブ: 2016年3月

借入のおかげで今の私がある。そういっても過言ではありません

私は自営業をやっていますが、かなり借入に助けられています。
何か事業をまわすには、どうしてもお金が必要です。
でも、利益が出る前は大きな仕事をしようと思った場合、内部だけのお金では足りなくなります。
出版業の場合、売り上げが発生しても現金が入ってくるのは遅くなります。
これは、ガソリンスタンドなんかでも、常連の方は会員カードでまとめ払いという形になっているでしょうから、機材が壊れたので新調する必要があるなど、まとまったお金が必要な場合、やはり外部のお金が必要になるでしょう。
飲食業、製造業でも、定期的に機材などを買う必要があります。
私は小売業なのですが、廃盤になって後に価値が上がりそうなものとか、このタイミングで現金が欲しいという場面が多いんですよね。
そこで、借入を利用して、多くの利益を発生させてきました。
本当に、これがなければ、今の私は無いといっても過言ではないでしょう。
ちなみに、事業で使う場合は、審査もそれに合わせますし、借りすぎて失敗するという可能性が低いというのも、私自身の体験で感じますね。
これは余談となりますけども、私は先日他社キャッシングの借入を利用し、バイクを購入しました。
この時利用をしたのはフリーローンであります。

もし返済ができなくなったら

キャッシングをするということは、お金を借りていることになります。その場合には、借りたら返すことがルールでもあり常識でもあります。そのためにはあらかじめムリのない返済計画を立てておいて、キチンと返すことが重要になるのです。しかし、そのような場合でも事情により、期日までに返済できなくなってしまった、支払い能力を超えてしまったという場合には、どうすればいいのでしょうか?
まず、そのようなときには自分で解決しようとはせず、キャッシングをした金融機関に早めに連絡をすることが重要です。早めに連絡をすれば、業者でも対応はしてもらえますし、いろいろと相談に乗ってもらえる可能性が高いからです。業者でもそのままお金を返してもらえないよりは、ゆっくりでもいいから全額返金をしてもらいたいと思うはずです。もし、あなたがお金を貸す立場でしたら、返してもらえないよりは、ゆっくりでもいいから返してもらいたいですよね?
相談をすれば分割で返済など、なるべく負担の少なくなるような、返済方法を提案してもらえると思います。相手はお金に関するプロですので、そのような相談は何度も受けていますので、ここはプロにまずは任せましょう。
そして、絶対にやってはいけないのが、そのまま放置をしておくことです。すると相手も支払ってもらえないと、取り立てや催促などが来て、かえって話をややこしくしてしまうからです。困ったときには、まずは借りたキャッシング会社や金融機関に早めに連絡を行いましょう。